×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



 ツキノカゲ  (ツッコミハユルシテ)

 風が吹いている。
 その風に吹き消されないように身を屈めながら、士郎は咥えていた煙草に火をつけた。
 どこか薄汚れたビルの壁に背を預けながら煙を吐き出す。
 量が増えたと思う。
 この街に来てから、随分と吸う様になった。
 それまでにいた場所で、煙草などが手に入るような場所ではなかった。また、その前に勤めていた場所で、吸うわけにはいかなかった、という理由もあったが。
 何時から吸い始めたのか。そういった取り留めのないことを思った。
 街灯はところどころ壊れ、役目を果たしていないものの方が多い。
 視界の端には、吐瀉物が。
 どこからか猫の鳴き声が聞こえ、また、どこからか犬の遠吠えが聞こえた。
 空を見上げても、月はおろか星さえ見えなかった。

 この街に来てから、随分と経った。
 故郷を出てから、一つ所に留まるのは、ロンドン以来久しぶりのことだ。
 違うのは、親しい友人がいないことと。
 なにかに明け暮れることもないこと。
 あの派手な服装も、ここに来てからは袖を通していなかった。
 自分の服装を眺めながら思う。
 センスがないのは相変わらずだったが、今の格好はおかしくはない。
 ぼんやりとしている。
 何かに追われる事もない。
 ただ、その日その日を過ごすだけ。
 理由もなく街を歩き、意味もなく煙草を吸う。
 決して、良い街ではなかったが、別段、気に留めることもなかった。
 ――たいしたことではない。
 どこにだって、影はある。

 そして、そんな街の悪意を表すように、気がつけば目の前で事は起こっていた。
 自分以外の人の気配がなかった路地裏に、何人かの気配が混じる。
 それも、日常とは乖離した、不穏な空気が。
 それでも、動くのが億劫で、壁に背を預けたまま煙を吐き出す。
 自然と、目は閉じていた。

 視界を遮断したからか。音がはっきりと聞こえる。人数は六人。
 おそらくは、一人をそのほかが追っているのだろう。
 その結果、逃げていた一人がこの場所に追い詰められた。
 街灯の灯は弱弱しい。
 逃げてきた男も。それを追いかけてきた五人の男も。闇にまぎれるように煙草を吸う士郎に、気がついた様子はまったくなかった。
 どうでもいい。変わらず、士郎は目を閉じ。
 関心がないというように、煙草を吸い続ける。
 聞こえるのは、肉を叩く不快な音と、それをする男達のどこか酔いしれた叫び声だけだった。
 五人がかりで、一人を痛めつける音。
 それを、僅かに開いた片目で眺めた。
 ちょっと前の自分なら、助けただろうか。
 殴られ、血と、それ以外を吐き出す男を見る。
 いまだ自分は手をコートのポケットに入れたまま。短くなった煙草を吸うだけだ。
 その間も、男は痛めつけられる。
 いくらか骨が折れただろう。歯も欠けただろうか。
 その光景を眺め続ける。片目で。

 そうして、どれくらいの時間が立ったのだろうか。まだ、咥えていた煙草に少しだけ吸う余地があるのだから、たいした時間ではなかったのだろう。
 殴られていた男は、ほとんど動かなくなっていた。それでも、胸は上下しているので、生きてはいるだろう。まだ。
 それで、気が済んだのか、暴行していた男達は倒れている男につばを吐きかけると、初めてこちらに誰かがいることに気がついた。

「お、おまえ、何時から」

 目を見開いた――こちらに一番近かった男が、掠れたような声を出した。
 誰しも、見えないということは恐怖に違いない。得体の知れぬものに警戒するのは当然といえた。
 それに答えず、黙ったまま煙を吐き出す。
 それが気に入らなかったのか、声を発した男。茶色い髪をした男が叫びながら近づいてきた。

「てめえ! 何か言ったらどうなんだ!」

 近づいてきた男は、それで初めて相手の身長に気がついたのか。一瞬躊躇したが、それでも詰めより肩を怒らせた。
 その男に続いて、他の四人も近づいてくる。

「初めからだ」

 どこか投げやりに答える。煙草も咥えたままだった。

「あ?」

 言葉が聞き取れなかったのか、茶髪の男が声を上げる。
 それで十分と、煙を肺まで吸い込む。

「ー―っ! なめてんのか!」

 堪えきれなくなったのか、茶髪の男は顔めがけて殴りかかってきた。
 それを、僅かに体をずらして躱すと、泳いでがら空きになった腹に膝をめり込ませた。

「な、なにしやがる!?」

 仲間の一人がやられて、敵と判断したのだろう。他の人間が襲い掛かってきた。
 それに溜め息を吐くと、壁から離れる。
 喧嘩慣れしてはいるが、それだけの人間だった。
 正面の男が粗雑に腕を振り上げる間、無防備な腹に爪先をめり込ませる。
 それで一瞬動きが止まった二人のうち、一人の腕を掴み、空いた手であごを打ち抜く。
 ようやく動き出した一人が、背後から飛び掛ってきた。
 それに、振り返りもせず靴裏を叩き込む。
 殴りかかってきた手と交差するように放たれた蹴りは、深々と相手の腹に突き刺さっていた。
 皆、一撃で気絶していたが、手加減はしたから生きてはいるはずだ。
 そうして、残った最後の一人を見つめた。
 一人だけ、間合いに入ってこなかった男。
 長髪の男を面倒臭げに見つめる。

「へ、へへ。やるじゃねえか、あんた」

 口元に皮肉気な笑いを浮かべながら、男はナイフを取り出していた。
 笑みは浮かべたままだったが、表情に余裕はなく、額から汗が流れている。

「こいよ」

 長髪の男が挑発するが、無視する。
 代わりに咥えていた煙草を指で挟み、煙を吐き出した。

 瞬間、長髪の男が右手のナイフを投げつけてきた。
 それを体を捻って躱す。
 どこぞのチンピラにしては、たいした速さだった。

「し、死ねぇっ!」

 士郎の態度が気に入らなかったのか、長髪は懐から無数のナイフを取り出し、右、左と投げつけてくる。首を振って最初の二本を避け、肺、喉、眉間へと向かってくる残りを、無造作に掴み取った。

「な……」

 それで打ち止めなのか、唖然としたように長髪はこちらを見つめている。
 それに気を止めず手に取ったナイフを、無言で見つめた。
 そして、初めて、感情を交えた瞳で長髪を見た。

「ひっ――――」

 長髪は何かに怯えるように、歯の間から音を漏らした。
 腰を抜かしたのか、尻餅をつきながら、後ずさろうとしている。
 その頬を掠めるように、手の中のナイフを一本投げた。
 そうして、動きを止めたへと歩む。

「今まで、何人殺した」

 抑揚のない声で問いかける。

「五、五人……」

 ガチガチと歯を鳴らしながら、長髪が答える。
 その目には涙すら浮かんでいた。

「そうか」

 そう呟いた瞬間、無造作に男の腹を蹴り上げた。
 ごろごろと横転し、置いてあったゴミ箱に激突する。

「俺よりマシだ」

 短くなった煙草を壁に擦り付けて揉み消す。
 自分が気絶させた男達と、その男達に暴行された男を眺める。
 懐から携帯を出し、誰ともなしに呟いた。

「くそっ」

 最低の気分だった。



戻る