26
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



 interlude


 だからそれは、そいつが自分のために思った事。他人のためではなく、自分のために欲した事。
 そいつが、そいつ自身の望みを持つ事を、誰よりも望んだ者が。そいつにその思いを抱かせた。
 それが許される事ではないとしても、その思いは確かにあった。
 自らの人生に悔いはなく、誰にも理解されずとも、受け入れらることなくとも。
 そいつは、自分の歩みを、誇れるものだと気づいた。
 気づいたが故に、過ちに決別を。長い夢から覚める事を受け入れた。
 それでも、残り僅かな時間を。別れのときまでの出会いを。誇ることが出来る。
 それはそいつが、一度も振り返らずに進んだ末に、得る事ができた奇跡だったのだから。


 だからこそ、それは似ている。
 一度も振り返らなかった、そいつの歩みも。
 誰にも理解されず、受け入れられることなくとも。
 伸ばされた手は、一つつかむ度に、失うものは多く。何時しか、外側だけを硬く覆っていた。
 それでも、そこに後悔はない。
 その先に、ただ独り、たどりついた剣の丘で、力尽きた。

 そいつに、そいつ自身のための望みを持つ事を。望んだものこそ、最後まで。
 最後の最後になるまで、自分のための望みを持つ事がなかったのだから。


 泡のようなものだ。壊れやすく、脆く、今にでも消えそうな。
 それでも、それは―――



 目を開けた。
 深く吸い込んだ息を、ゆっくりと吐き出す。二月の、冷たい朝の空気は、ゆるやかに眠気と、他の何かを削り落とす。
 ひどく、曖昧だった夢は、それだけで失われていった。
 どうやら、体は思ったより睡眠を欲していたらしい。昨日の午後を、ほとんどそれに費やしたと言うのに、時刻はすでに七時を指そうかとしている。所謂、寝坊と言う奴だ。
 短く息を吐き、布団を上げる。その際、僅かに左腕が違和感を告げた。
 だが、それだけ。昨日、あれだけの怪我を負ったというのに、それはほとんど感じられない。骨も軋む事はなかった。昨夜に比べれば全快と言っても差し支えないほど。
 柳洞寺のときも、今回も、誰かが治療したわけではなく、俺の体が勝手に治癒してしまったらしい。
 遠坂は、回復だけなら超がつくほどの能力と言っていた。セイバーと契約したための恩恵ではないかとも。
 それでも、さすがに昨日は、遠坂もセイバーも、俺を強引に休ませようとした。事実、昨夜の時点では、正直体の中身が悲鳴を上げていたのは確かだ。それでも昨日は、せめて経過だけでもと、二人に頼み込んだわけだが。
 何故、アーチャーは俺を援護してくれたのだろうか。


 ――――まだ、寝ぼけてたのか。
 そんなことより、やらなきゃいけないことがあると言うのに。何を調子に乗って。
 両頬を叩き気合を入れて、部屋を出る。
 空っぽのように何も考えないつもりで歩を進めるが、居間に近づくにつれて、ある事を考えてしまう。
 寝坊してしまった以上、早く朝飯を作らなければ。遠坂は朝は普段取らないらしいし。悪いけどセイバーが料理できるとは思えない。食事がなければ二匹の―――


 まさか、そろって朝食を食べていたとは思わず、意思に反して思考が止まる。居間の戸を開けた状態で。
 それでも、俺が居間にやってきた事実は変わらないわけで。目の前の俺に背を向けて食事していた人物が振り返った。

「おはようございます、シロウ。どうやらだいぶ良くなったようですね」

 つまり、食事中だというのにセイバーが声を掛けてきたわけだ。自分の食事を中断して。それに何故か、僅かな感動を覚える。
 うん、随分ひどいこと考えてる気がするけど、絶対口にしないようにしよう。

「あ、おはよう衛宮君。先にいただいてるわよ、朝ごはん」

「うんうん。よかったよかった。元気そうじゃない、士郎。寝坊なんて珍しいから心配しちゃったよ」

 続けて、遠坂、藤ねえの順で声を掛けてくる。思いがけない人物の存在。だが――。
 セイバーに匹敵する速さで、食する藤ねえの元気さには安堵以上に、さすがは野生。と言う思いが浮かばずにはいられない。
 しかし―――このメニューは……。

「何を呆けてるのか判らないでもないけど、とりあえず、座ったら? 朝ごはん、食べるんでしょう?」

 案山子のように、その光景を見入っていた俺を、遠坂が苦笑しつつも、現実に引き戻す。
 よく見れば、遠坂は一心不乱で食事する二人と違い、紅茶を飲んでいるだけだ。

「ああ」

 とにかく、遠坂に頷いてふらふらと席に着く。
 いつもと変わらぬ、それは少々語弊があるかもしれないがその姿に。
 少しだけ張り詰めたものが緩み、柔らかな気持ちを覚えた。




「えっと、それで朝食はやっぱり」

 自分の席に用意されていた、朝食を食べ終わって、片付けながら疑問を発する。
 食べる前に訊かなかったのかは、訊くまでもないことだからだろうか。それでも、万が一ということもあるから、訊いたわけだけど。

「すでに、ご飯があるってホント天国みたいね〜。遠坂さんとアーチャーちゃんのおかげで、いろんな美味しい物が食べれるようになったし。でも、アーチャーちゃんって恥ずかしがり屋なのかなー」

 とのこと。昨日の夕食にに続いてまた、アーチャーが作ってくれたと言う事か。
 確かに、藤ねえの言うとおり、その作った本人の姿がないけれど。その事を遠坂に視線で問いかけたら、無言でプレッシャーを与えられた。それで、追求を諦めたのだが。セイバーには初めから援護は期待してなかったし。そのアーチャーを恥ずかしがり屋と称した虎は、正に殿様と化している。今にも余は満足じゃだとか言いそうだ。虎の殿様……。
 まあ、これで桜ちゃんが〜なんて言ってるあたり、教師としての藤ねぇを感じさせるのだが。
 どうにも、いまだに理解の範疇に存在していない。この虎は。


 遠坂は無言で紅茶を、セイバーは日本茶を飲んでいる。
 この朝食がどのように用意されたか実際には知らない俺が、それを片付けるのは道理なわけだが。
 藤ねえはこのざまで、嫁の貰い手があるのだろうか……。

「うん。美味しいご飯も食べたし、士郎の元気な顔も見れたし。もうそろそろいかなくちゃ」

 だれていた姿からは想像もできない機敏さで藤ねえが立ち上がる。
 そして、見慣れぬ包みのようなものを荷物に入れると、あっという間に屋敷を出て行った。いつもからは考えられない早さだ。
 おそらくは、昨日の事の後始末だろう。行く先は病院。
 命に別状がないと言えど、結界の基点近くにいた生徒は、入院を余儀なくされている。
 藤ねえは昨夜遅くまで病院を駆けずり回っていたらしいが。

 さっきは藤ねえに対して、不謹慎な事を考えていたと、自分を戒める。
 昨日ライダー、慎二の凶行を止められなかった以上、俺のやるべき事は一つ。
 出来るだけ早く、慎二を見つけて令呪を捨てさせるか、ライダーを倒す。いや、出来るだけなどと悠長な事は言ってられない。
 慎二の性格なら、俺が無防備な姿をさらせば、必ず何か仕掛けてくるはず。ならば

「やっぱり、行くつもりなのね」

 溜め息を吐くように遠坂が声を発した。
 藤ねえがいないから猫をかぶってはいないが。もうこの屋敷にいる間は、藤ねえの前でも、学校ほどかぶりものは厚くない気がする。うん、多分気のせいじゃないだろう。

「まあ、私は止めないけど。昨日言ったことは忘れてないわよね」

「ライダーは、宝具を使わせる前に倒す、か」

 脳裏に浮かぶのは、無残に破壊された廊下。ランクで言うならば、あのバーサーカーですらダメージは免れない、らしい。  あれがセイバーに当たれば、セイバーの身は間違いなく消えてしまうだろう。そんなことはあってはならない……。
「そう、それが大前提。長引けば長引くほど不利になるから。慎二を捕まえるのが一番手っ取り早いだろうけど」

「ああ。それで、遠坂はどうする? 出来れば留守を頼みたいんだけど」

「そうね、いいわよ。こっちはこっちでやることもあるし。ただ夜は、悪いけど無理だわ」

 遠坂は一瞬視線を上に向けると、そう答えた。
 ライダーと慎二の事ばかり考えていたが。キャスターの事もある。確信はないけど遠坂のやる事っていうのはキャスター絡みなんじゃないだろうか。

「ああ。それでかまわない。元々、こっちの都合なわけだし。それじゃあ、行こうか、セイバー」

 それまで黙っていたセイバーは頷くと、立ち上がった。

「それじゃあ、いい結果、期待してるから」

 遠坂の言葉に頷くと、俺は居間を出ようとして、ふと思い出した。

「忘れてた、アーチャー。朝ごはんありがとう。うまかったよ」

 居るかどうかも判らないアーチャーへと声をかける。聞いてないかもしれないけど、その時はその時だ。その場合は面と向かって礼をするだけなのだから。
 遠坂が笑っている理由が、いまいち判らなかったが、もう言い残すことはないと俺は、セイバーと連れ立って居間を出ようとして。

「あ、待って衛宮君」

 遠坂に呼び止められた。

「なんだよ、遠坂」

「いいから、忘れ物よ。持っていきなさい」

 そう言って、何故かセイバーの方に包みを持たせる。セイバーはそれを訝しむことなく受け取る。それは藤ねえにも―――
 遠坂の視線が、何も訊くなと語っている。それは、どこか愉しげに燃えた目だったが。
 俺は言いかけた言葉を飲み込み、今度こそ居間を出た。


 屋敷の前で、とりあえずの今日の行動方針を告げると、まずは慎二の家のほうへ向かった。
 セイバーは霊体化せず、遠坂から貰ったいつもの服装だ。その手には遠坂に持たされた包みの姿がある。何かは訊かなくてもわかるが。それにしても、これも……。
 そういえば、学校で俺が地面に激突するのを防いでくれた双剣。あれはアーチャーの物だったんだろうか? 前にも見たような……。
 結局、昨日は訊ねるのを忘れてしまってたけど。また、忘れてたみたいだ。

「どうしました、シロウ? まだ、どこか具合が悪いのですか?」

 考え込んでいた俺を、心配してくれたのだろう。セイバーの声がやや硬い物になっている。

「いや、大丈夫だから。ちょっと考え事を。昨日俺が地面に落ちるのを防いでくれた剣。あれは、アーチャーの物だったのかなって」

 そう言って、あの双剣をジェスチャーで表わしてみる。
 セイバーは俺の言葉だけで気付いたらしく、いまいち判りにくいジェスチャーをする俺を、どこか不憫そうな目で見た。
 やっぱ、ジェスチャーじゃ無理か。

「ええ。あの双剣でしたら、アーチャーの物です。シロウは気絶していましたから、私が返しておきました。それが何か?」

「まだ、その事でアーチャーにお礼言ってなかったから」

 俺の言葉で、セイバーは一瞬大きく目を開くと、すぐに悔しそうな顔をした。

「迂闊でした。シロウを助けてくれていたというのに、私もアーチャーに礼を言ってない」

「む、ならアーチャーには二人でお礼をするか」

「そうですね。なら、ライダー等にもたついているわけにはいきません」

 どうにも、昨日ライダーの宝具の話をしてから、セイバーのやる気が高まっている気がする。もっとも、それは頼もしいとも言える訳で。

「ああ、その時は頼む、セイバー」

「はい」

 そのときの、当然ですといった風に頷いたセイバーが、とても印象的だった。



 interlude out



 どうやら、行ったようだな。
 セイバーの気配を感じ取れなくなる。

「これで良かったのかしら? アーチャー」

 実体化した俺に、凛が愉しそうに声をかけてくる。凛の問いには、一つでは括れない響きがあったが、他のことは無視するしかあるまい。
 肩を竦めたい所だが、それも我慢して答えた。

「ああ。ライダーもそのマスターも、日が出ているうちは仕掛けては来ないだろう。そういった意味では、昼間の衛宮士郎の行動は無意味に近いが」

 凛は黙って次の言葉を促す。

「ライダーのマスター。あの類の人間は、やられたら何倍にもしてやり返すタイプだ。日暮れまで無防備な姿で歩き回れば、嫌でも襲ってくるだろう。さらに言えば、ライダーはともかく、そのマスターは宝具の威力に錯覚でも起こしているのではないかな。敗北という可能性さえ、考えてないかもしれない。付け入る隙などいくらでもあろう」

 それほど、ライダーの宝具は強大だ。
 それだけに、錯覚もしやすいわけだが。

「ふ〜ん。それでも、アーチャーは援護する気なんでしょう?」

 言葉を発せずに、視線だけで何故、と問いかける。

「さあね。でも、私を置いて行く、なんて言わないわよね」

「―――そんなことを言うつもりはないが。初めからそのつもりだったのか?」

「ええ。衛宮君にも言ったじゃない。貴方のことだから、日暮れには事を起こすんでしょう?」

「まあ、その少し前、だがな。それまでは、放っておく」

 賭けに近い部分もある。ライダーが人目を憚らず仕掛けてくる可能性もゼロではない。
 だが、見たところ衛宮士郎は傷はともかく、疲労が抜けきっていない。本人は気付いてないようだが。あの公園に向えば―――

「そんなに心配なら、貴女も行く? アーチャー」

「馬鹿を言え、凛。君を一人にするわけにもいくまい」

 馬鹿げた事を言うなと、眉を顰める。
 俺が心配しているのは、余計な心配をしなければならなくなるセイバーのことだ。

「そうね、お弁当まで作ってたし。邪魔するわけにも行かないか。もちろん出場亀も」

「―――あれは、セイバーのために作った物だ。小僧は勘定に入っていない」

「いいんじゃない、それでも。結局二人で食べることになるんだし」

「―――判った。私の負けだ。これで勘弁してくれ」

 俺は両手を上げて降参の意を表す。俺が弁当を作ったのは、前に俺が不甲斐ないせいで、昼食を食べさせられなかった事を覚えていたからだ。朝食を作ったのも、俺以外に作る人間がいなかったから。
 どうやら、凛は俺をからかって満足したらしい。それは俺の希望的観測かもしれないが。

「じゃあ、敗者である貴女は、今日の昼食その他もろもろの雑事担当でいいわね」

 凛は口を喜悦に歪めて通告した。
 どうやら先の思いは正しかったらしい。そして、俺にそれを断る力もない。せいぜいこう口にするだけだ。思いの丈を。

「判った。だが、これだけは言わせて貰う。地獄に落ちろマスター」

 断じて捨て台詞などではない。もちろん、負け犬の遠吠えでも……。

次へ
戻る